本日開始!au Wi-Fi SPOTをPCで試してみた

今日(3/1)からau Wi-Fi SPOTがau端末以外のPCなどでも使えるようになったのでテスト。

今、伊右衛門サロンで抹茶ミルクカクテルを飲みながら、Macでこの記事を書いている。

SPOTが広がればホントに便利になりそう。

 

設定方法は

  1. あらかじめau IDの登録を済ませておく(スマホや携帯からでもOK)
  2. ケータイPC連動設定をする
  3. au以外のPC端末などに、接続ツールをインストール&初期設定する
  4. enjoy!

これだけ。

んじゃ簡単に説明。

  1. あらかじめau IDの登録を済ませておく(スマホや携帯からでもOK)

    恐らくauでの契約時に登録はしていると思うが、していない人、パスワードを忘れた人などはこちらで登録。auポータル以前はau one-IDとか呼んでたもの。

  2. ケータイPC連動設定をする

    恐らくauポータルにログインした状態でないといけないと思う。
    以下のページに沿って設定。ケータイPC連動設定をするには? 

  3. au以外のPC端末などに、接続ツールをインストール&初期設定する

    接続ツールをここからダウンロード&インストール利用方法書いてるとおりにやれば初期設定までできる。
    (端末はau端末以外に1台まで)

  4.  enjoy!

    接続ツールを起動した状態でスポットに入れば自動で繋がる。
    最初にログインが必要だけど、どのサービスにログインするにもau IDとそのパスワードを入れれば大丈夫。ちなみに今は Wi2 300という提携サービスにログイン中。

 

簡単な手順で繋がって便利。

通信速度も下り22.62Mbps (2.83MB/sec)と快適。

難点を言えば、接続中は接続ツールを常時起動しなければいけないこと。

ココだけの問題かもしれないけど、接続が頻繁に切れたこと(繋ぎ直せばすぐに復旧した)。

今後、改善してもらえるとありがたい。

[Android]ドラッグ、ピンチイン/アウトできるMatrixImageView ver0.1

Androidでちょっとやりたいことがあって、拡大した画像を自由にスクロール表示させる必要があった。
で、そういうViewがあるのだと思って探していたら、意外にも見つからない。

よくピンチイン/アウトしたりドラッグしたりする画像ビューアあるけど、あれみんな自力で実装してるということ?
そんなバカな、と思ったけど探しても見つからないし、とりあえず必要最低限のものはすぐできそうだったので作ってみた。

こちらのプログラムをかなり参考に、ベースにさせていただきました。
利用イメージはこんな感じ。

使い方は以下のようになります。
最後に記載しているMatrixImageView.javaのソースコードを貼っつけて、xmlファイル内でImageViewと同じように使用します。(もちろんソースコード内で直接MatrixImageViewを扱ってもOK)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
    <jp .obanet.android.MatrixImageView android:layout_width="wrap_content"
            android:layout_height="wrap_content"
            android:id="@+id/img_view"
            android:src="@drawable/sample"
 
            interval="20"
            inertial="true"
            speedDecRatio="0.85"
            angleSpeedDecRatio="0.85"></jp>

上4行はImageViewに指定するものと全く同じ。画像ファイルの指定や表示方法など。
下4行がMatrixImageView独自のパラメータです。省略したらデフォルト値が使用されます。

パラメータ名 意味 タイプ デフォルト値
inertial (指を離した後)慣性動作させるかどうか boolean true
interval 慣性のアニメーションの更新間隔(ミリ秒)。小さい値ほど綺麗に動いて見えます。もちろんその分処理コストはかかります。 int 20
speedDecRatio ドラッグ移動の慣性の減衰率。つまり摩擦。1に近いほどツルツルすべる。氷に近いイメージ。 float 0.85
angleSpeedDecRatio 回転の慣性の減衰率。同じく1に近いほどツルツル回る。 float 0.85

今後の改良点としては以下を一応考えてますが、僕の目的は現状でも十分達せられるため、実装するかどうかはわかりません。

  • 画像が外に飛び出していかないようにする機能
  • 内部の処理効率化、リファクタリング
  • その他Androidアプリ一般に必要なことの考慮(今回が初めてのAndroid開発なので色々足りないことがあると思ってる)

ちなみにMatrixImageViewにはインナークラスLineがあり、これは以前ActionScript用に作成したもの([ActionScript]2直線の交点を求める)を移植、取り入れました。
直線同士の交点を出すためのものだったのですが、今回の必要に応じて2直線の角度を算出する機能をつけました。ここで配布するのに便利なようにインナークラスとして使っています。

ソースコードは続きに記載します。
利用、改変に関しては、僕が勝手に作った「猿ロッキングライセンス」を適用します。
一番最後の猿ロッキングライセンスに関する注意事項をよく読んでください。

Read more »

「おや!」ってなんやねん→ツイッター

ツイッターで画面操作しているとたまにでるこのポップアップ。
今日はマキシマムザホルモンのアカウントをフォローした時に出た。

おや!


> おや!ページを更新して、もう一度試してください。

「おや!」って・・・

復帰

なが~くブログを書いてなかった。
年度末が忙しすぎて家でPCを起動することが全くなくなってしまったから。いかんなぁと思います。適度なゆとりが発想を豊かにし、人生を楽しくするのだと実感しました。

少しゆとりができたので、これからいろんなことに精力的に取り組みます。
まずは・・・

  • 放送局の開始
  • バンド活動

このブログと何の関係が?というツッコミはなしで。

Flex/AIRハンズオン勉強会 in 京都 報告

21日(土)に開催した勉強会の後、急に忙しくなって報告やフィードバックなど遅くなっております。
来てくれた皆さん、どうもありがとうございました。
簡単に報告をしつつ、次への改善点を整理しておきます。

参加者

約20人でした。正確な数は受付表を確認すればわかります。(今会社にある)
そして一番の収穫は、ほぼ全員がPC持参したこと。
もともと自分の手を動かすハンズオン形式を取っていたので、PC持参できる人が集まったと言えばそうですが、この形式は今後も続けられそうだと感じました。
また、ざっと見渡したところ未経験者の方がかなり多く見受けられました。詳細はアンケート集計しなければわかりませんが、参加者の構成に合わせた企画を実施していくつもりです。

通信、インフラ

コンセントの数、ギリギリでした。もう1つ2つタップを用意する必要があったと反省。
さらに、この日のためにWiMAXの試用版を用意して社内LANを経由しないインターネットアクセスを提供したのですが、通信できない人が続出。事前準備の至らなさ、WiMAXルータの性能の限界など、色々と要因はありそうに思います。これも反省点。

Flex最初の一歩

Flexの未経験者向けハンズオンセミナー。
とりあえず時間が足りなかった。初めての講師という大役を任されたT-2の経験不足もあるけど、そもそも30分で意味のある内容を詰め込むことに無理があったか。結果としてはT-2が時間延長してでも丁寧に教えてくれたので、未経験者の人にとっては価値あるものになったんじゃないかと思う。結果はアンケート集計してのお楽しみ。

Flex/AIRのお仕事事情

hirossyさん、lecheさんに登壇いただく。
まずは、登壇といっても前で話すスペースが無かった、移動やモニターの切り替えが頻繁に起こって不便、という準備・企画不足は反省点。
内容はFlex/AIRにある程度取り組んでいる人、もしくは他の技術でバリバリやっている人にとってはかなり興味深い話が聞けたと思います。
お二人ともありがとうございました。

課題としては完全な未経験者の人やFlashでデザインはやったけどFlexも触ってみよう、という人にとっては、まだよくわからない話だったかもしれません。
この辺は他の企画にも共通する問題で、ターゲットを明確にすればするほど、それに合わない人をどうするかということを考えていこうと思います。

ライブコーディング

先述の2コーナーで登壇した3名(hirossyさん、lecheさん、T-2)が、その場で明かされた仕様のFlex/AIRアプリケーションを即興で作る、という作らされるほうにしたら鬼のような企画。しかもhirossyさんはコーディング経過をプロジェクターで公開。まさにライブコーディング。いきなりお願いして、よく引き受けてくれたと思います。

結果は見事にhirossyさんが完成させたという、企画者としては胸を撫で下ろす展開!面白かったのはhirossyさんの情報検索術がそのまま見れたこと。ネット上の色んな情報ソースが頭の中で整理されていれば、一つ一つの技術の詳細な中身までは憶えておく必要がないということを見事に体現してくれました。hirossyさんは懇親会に来れなかったのですが、来てたらヒーロー扱い間違いないというほど、この時の話題がよく出ました。

最後に

上記に色々と出てきた反省点・改善点は次回、次々回と回を重ねながら修正していきたいと思います。
言い忘れてましたけど、今後は毎月開催していくつもりです。12月は皆忙しいと聞いていたのですが、少人数型の企画に変更してでも開催します。よろしければぜひ^^